マム。のアンニョン韓国旅行記

mam53.exblog.jp
ブログトップ

韓国旅行 2014.9月18日 2日目 ① 韓国三十三観音・龍珠寺(ヨンジュサ)

AM8:00
ホテルを出発

今日は予定がビッチリなので朝食はバスの中でキンパッです^^
b0197736_12203340.jpg

朝食はいつも軽めにすませているので、
半分しか食べられませんでした^^;

水原(スウォン)の方に向かって・・・・・、
バスに揺られること1時間半

韓国三十三観音聖地である竜珠寺(ヨンジュサ)に到着
b0197736_1243028.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「龍珠寺(ヨンジュサ)」
京畿華城市泰安邑松山里 188番地
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
韓国三十三観音聖地である竜珠寺(ヨンジュサ)は、
中国の清が朝鮮を侵略した戦争で焼失してしまったのを
朝鮮王朝第22代王である正祖(チョンジョ)が
悲運の死を遂げた父の思悼世子(サドセジャ)の墓を水原(スウォン)の華山(ファサン)に移した時、
正祖の親孝行で再建されました。

落成式の日、
王である正祖が夢の中で一匹の竜が如意珠を銜えて
昇天する姿を見たと言う事で竜珠寺と名付けられたそうです。

「四天王門」
b0197736_1325935.jpg

仏法を守護する四天王は、東西南北、全世界から、
邪悪な心を持って仏様の国に入る人間を見張っています。
西側を守る天王は白色の廣目天王
北側を守る天王は黒色の多聞天王
南側を守る天王は赤色の増長天王
東側は青色の持國天王

これは何天王かなっ^^;?
b0197736_13273890.jpg


「竜珠寺紅門(紅箭門)」
b0197736_13303243.jpg

紅箭門は陵・園・廟などの前に立てた赤い色を塗った門のことで、
丸い柱2本を立てて上には桟を設置して神聖な地域であることを知らせます。
龍珠寺は思悼世子の位牌を祀っている寺であるため
敬虔な気持ちを表するため紅箭門を建てられました。

「竜珠寺三門」
後ろに見えるのが三門
一柱門がない竜珠寺は他の寺院では見られない独特の形態の三門。
三門は通常宮廷や 祠堂、書院などに使用する儒教的な礼法を反映した門です。


「竜珠寺大雄宝殿(大雄殿)」
b0197736_13385722.jpg

釈迦牟尼仏が奉安されている悟りの世界のお堂で、
寺院の中心的な殿閣です。
本尊仏のお釈迦が中央に、その左右に阿弥陀仏と薬師如来が奉安されています。
朝鮮時代の画家である金弘道(バク・シニャン主演ドラマ風の絵師)の指揮で描かれたという
大雄殿にある後仏幀畫に観世音菩薩像を奉安しています。
b0197736_18513030.jpg



お約束の印を押していただきました。
御寄附として5000Wです。
b0197736_13585256.jpg


こういうのって韓国人はあまり興味ないらしく!?
印をいただく人は少ない!?

案内所から事務所へ
いやっ、ここじゃないあっちへ行ってと言われて、
またこっち、あっちと・・・・・・。

結局、事務所で^^;(笑)

みなさん、アタフタされてましたが、
それだけこういうコアな人は少ないんでしょうか!?

韓国限定晴れ女の威力発揮!!!
素晴らしい秋晴れ058.gif

お寺にて邪悪な心を洗い落としてきましたが、
バスに乗ったらさっそく噂話に花を咲かせ、

なかなか無欲無心にはなれません(沈)
b0197736_18525196.jpg

[PR]
by mam53 | 2014-09-23 14:07 |  +2014.9月