マム。のアンニョン韓国旅行記

mam53.exblog.jp
ブログトップ

ソウル旅行記 2013.6.16 二日目 26 セマウル食堂

PM8時過ぎ
お腹ペコペコです^^;

明洞の賑やかなところからちょっと離れたところにあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
セマウル食堂
ソウル特別市 中区 乙支路2街 199-48
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0197736_12155412.jpg

ヨルタンプルコギ 2人前 =w8000×2
チルブン(7分)テジキムチ 1人前 =w5000
b0197736_12203322.jpg
プチプチ飛ぶ肉汁に
「ひゃぁ~!」とか言ってたら、

すかさず赤いエプロンを持ってきてくれましたが、
この赤いエプロン・・・・ずっと壁にかけてある使い回しのエプロンで(笑)
綺麗なんだか?
汚いんだか?(笑)
b0197736_12284968.jpg

メガネをかけたアジョシと、比較的お若いアジュンマがとっても親切で、
無愛想なアジュンマが多い中、
にっこり笑ってくれたりすると和むよね^^

網も何度も何度もかえてくれて^^
ドラマにも出てきてた網洗いバイトは大変だなぁ~・・・とあらためて
b0197736_12303769.jpg

隣のテーブルに2PMのテギョンをもうちょっと子供っぽくしたような
イケメンの青年と、
いけすかないアガシが座ってました。

このプチ・テギョンがとっても良い感じの子で、
アガシに至れり尽くせり

私たち、食べながらも目と耳は完全に隣のテーブルに注がれ(笑)

プチ・テギョンといけすかないアガシが帰った後、

イルボンアジュンマ陰口炸裂!!!

ありゃ付き合ってるのかい?
ただのチングかい?
等々・・・・・・もっとえげつない妄想も(笑)^^;

要らぬお世話ではありながら、
その夜、ベットに入ってからも

「あのカップルには納得できん!!
 プチ・テギョンの母が泣いてるぞっ!
 あんな感じの嫁を連れてきたらやよね~」と、

どこのどなたか知らない韓国人の家庭にまで踏み込み(笑)
最後まで息巻いて(`д´)

就寝となりましたzzzzzzzz
[PR]
by mam53 | 2013-07-25 12:48 |  +2013.6月